チェストツリーのサプリは冷え性改善に期待

冷え性の女性

 

女性の多くが悩まされる症状のひとつに、冷え性がありますよね。

 

日に日に気温が下がってくる秋から冬にかけてはもちろん、真夏でも室内のエアコン等で身体の冷えを感じる方はたくさんいらっしゃいます。

 

季節にかかわらず、特にデスクワークの方はブランケットやひざ掛けが手放せないという方も多いのではないでしょうか。

 

冷えは万病のもと!

冷え性は病気というわけではないですし、体質だから、昔からそうだから、とつい軽く考えてしまいがちですが、身体の冷えをきっかけに重い病気にかかる可能性もあり、決して甘く見てはいけません。

 

一般的に、体温が1℃下がると免疫力が37%、代謝が12%落ちると言われます。怖い病気の代表格「ガン」の細胞も、体温35℃が最も増殖することがわかっています。胃や大腸、肺、子宮などのガンが多いのも、どの臓器も中が空洞で冷えやすいのが理由の一つといわれています。

 

とはいえ、冷え性を決定的に改善する方法は、と聞かれると答えは難しいですよね。厚着をする?長湯をする?そんな単純なものでもないですし、付け焼き刃の対策では効果が続きません。

 

冷え性を改善するにはまず、冷えやすい身体を改善する必要があります。では、何が原因で冷えやすい身体になるのでしょうか?

 

その原因として大きいのが「血液の流れが悪い」ことです。全身に張り巡らされた血管を血液が流れ、栄養分などを届けることで体温をはじめさまざまな機能を維持できるわけですが、この流れが悪いと栄養不足になり、体温も下がってしまいます。

 

冷えは3つのタイプにわけられる

 

ひと口に冷え性といっても、その部位や冷える原因によって3つに分類することができます。

 

四肢末端型冷え性

10代〜30代の女性に多い冷え性で、手足の先(末端)が強く冷えることが特徴。体内で熱を作る機能が弱っているのが主な原因。食べる量が少なく、運動不足の方がなりやすい。

 

下半身型冷え性

下半身の血管が何らかの原因で細くなり血流が悪くなることが主な原因。上半身はほてっているのに下半身に冷たさを感じたり、エアコンや扇風機の風に当たると腹痛を起こしやすくなる。長時間の座り姿勢などで坐骨神経を圧迫することが要因という説も。

 

内蔵型冷え性

別名「かくれ冷え性」とも呼ばれるもので、手や足など身体は冷えを感じないのに、お腹の中(内蔵)が冷えてしまっている状態のこと。ストレスや不規則な生活で体温コントロールが乱れると、身体から熱がどんどん逃げていき、結果的に身体の中心部が冷えて内臓型冷え性になってしまいます。

チェストツリーランキングへのボタン