どうして生理前に肌荒れが起きるの?

肌荒れを気にする女性

 

生理前って、なんだか不調が重なりますね。女性特有の症状で、そろそろかな・・・?なんて目安ではあるものの。

 

メイクのりも悪いし、肌荒れも気になるところです。いつものこと・・・、そうなんですが、どうにかならないかなと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

生理前に肌荒れが起きる原因は何でしょうか。“女性ホルモンの問題”と漠然と知っている方は多いと思いますが、女性の身体の中では実際どのようなメカニズムがはたらいているのでしょう。

 

特に女性は、生涯に渡って女性ホルモンと付き合っていかなくてはいけません。この女性特有の女性ホルモンについて知ることで、さまざまな不調を予防、好転させることができます。

 

女性特有のいわゆる女性ホルモンとは、エストロゲン・プロゲステロンの2つのことをいいます。このうちプロゲステロンが、排卵後から生理前まで優位になるホルモンです。

 

着床を助け、妊娠維持には欠かせないホルモンになります。プロゲステロンには皮脂の促進効果やメラニン促進効果があります。また、乾燥を防ごうと水分を溜め込む作用もあり、基礎体温の上昇もします。

 

全体的にプロゲステロン優位の時期は身体や肌に不調が生じやすいと言われています。エストロゲン優位とプロゲステロン優位のギャップが激しくなっていることも原因の1つでしょう。

 

生理前のさまざまな不調「PMS」とは

PMSに悩まされる女性

 

生理前のさまざまな不調「PMS」に悩まされている女性も多いことでしょう。

 

女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの急激な変動が原因で起こるといわれています。排卵後、妊娠を維持できる身体をつくるためにプロゲステロンが急速的に分泌します。

 

月経開始とともにプロゲステロンは減少します。妊娠を維持できる身体づくりのため、身体全体が防御態勢になりつつ体内ではめまぐるしい変化を起こすそうです。

 

PMSの症状は多岐に渡ります。肌荒れやニキビ、むくみ、体重増加、頭痛、疲れなどの身体的症状。そしてイライラする、憂鬱、泣きたくなる、不安定、集中できないなどの精神的症状などがよく言われます。

 

いずれにしても排卵後から症状が出始め、月経開始の頃を境にパッタリと症状が消えてスッキリするという傾向があり、女性ホルモンの影響を受けているとしてPMSと呼んでいます。

 

PMSの症状が重い場合には、婦人科での低用量ピルなど服薬治療で緩和されるようです。

 

しかし、女性はこの女性ホルモンに支配されているとも言えます。プロゲステロン優位の時期に、PMSの症状が強く出る場合にはゆったりとリラックスのできる環境づくりなどが必要であるともいわれます。

 

PMSについては以下の記事でもくわしく解説していますので、どうぞご参考下さい。

 

⇒【関連】PMSの症状は?妊娠初期とどう違う?緩和方法について

 

慢性的な肌荒れは赤みや乾燥、吹き出物につながる

吹き出物に悩まされる女性

 

慢性的な肌荒れは赤みや乾燥、吹き出物につながります。生理前など肌荒れのしやすい時期に、放っておけば治るかといえば、治らないことが多いようです。

 

むしろ、肌荒れの慢性化を招いてしまう可能性が潜んでいます。肌荒れは、肌のターンオーバーを乱し、負のスパイラルへのスタートラインです。その時点で踏み留め、良いサイクルへ導いていくことが大切です。

 

肌に優しい洗顔料・洗顔石鹸で優しく汚れや皮脂を洗い流す。ゴシゴシは禁物です。

 

そして、化粧水で水分補給、美容液で栄養補給、乳液やクリームでしっかり保湿をする!これが大原則です。肌荒れが起きている時こそ、水分と栄養を逃がさないための保湿が大切です。

 

化粧水がしみるなど敏感肌の方も年々増加

化粧水がしみるなど敏感肌の方も年々増加傾向にあります。ストレス社会、ジャンクフードに溢れて食生活もおざなりになりがちです。

 

ホルモンバランスも乱れがちの方が多いようです。 “お肌は身体の中を映す鏡”です。身体の不調が真っ先に現れます。

 

化粧水すらしみてしまう敏感肌の状態は、身体の悲鳴でもあるわけです。お肌のバリア機能が壊れて、過剰反応をしてしまうフル防御態勢という状態です。

 

できることから、身体を労ってあげることが大事です。メイクオフにもオーガニックオイルの使用が良いかもしれません。

 

できれば低刺激の天然素材の洗顔石鹸でそっと撫でるように洗顔をしましょう。敏感肌専用の化粧水、乳液の使用がおすすめです。

 

肌に優しい、正しいスキンケアが大事です。また、しっかりとした睡眠も大事ですね。まずはお肌のバリア機能を回復させてあげましょう。

 

ホルモンバランスを整える成分(食品)は

健康に良さそうな和食

 

ホルモンバランスを整える成分としては、大豆イソフラボンやビタミンB6があげられます。

 

大豆イソフラボンは大豆食品全般に含まれ、エストロゲンに似た作用をしてくれるのでお肌にも良い効果があります。1日1食は大豆製品の摂取がおすすめです。

 

バナナ・まぐろ・サンマなどに含まれるビタミンB6は神経安定作用のあるセロトニンの合成に必要な成分であり、またエストロゲンの代謝にも欠かせません。

 

カルシウム・マグネシウム・ビタミンEもホルモンバランスを整えてくれる効果がありますので積極的な摂取がおすすめです。

チェストツリーランキングへのボタン